中国茶専門店「楼蘭」
楼蘭トップページ
お問い合わせ

2008年05月04日

「雪茶(スノーティー)」が中国茶通販ランキングで1位に!

あおきです。ゴールデンウィークの真っ最中ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 札幌は今年は桜の開花が例年より2週間も早く、現在、桜は終わりかけ、そして、数日前には、北海道各地で気温が30度近くも上がったという不思議なことになっています。

さて、そんな中、先月(2008年4月)の通信販売の商品別ランキングをまとめたところ、こちらも今までにない異常なことになっています。

こちら↓の当店の中国茶通販ランキングで健康茶「雪茶」が1位になっています!

1位 雪茶[健康茶]
2位 苦丁茶[健康茶]
3位 八宝茶[健康茶]
4位 安渓鉄観音[青茶]
5位 菊花茶[花茶]
6位 人参烏龍[健康茶]
7位 雲南七子餅茶[黒茶]
8位 大紅袍[青茶]
9位 女乃香烏龍[青茶]
10位 桂花烏龍[花茶]


この2〜3年くらい、ずっと、「苦丁茶(クーディンチャ、くていちゃ)」が通販売上で不動の1位だったのですが、それが、なんということでしょう! 今月にはいって、「雪茶」にトップの座の奪われました!

雪茶雪茶」は、中国チベット高原で生育するムシゴケ科の植物。緑茶・青茶・紅茶などのお茶と違って、「茶の樹」(カメリア・シネンシス)から作られるお茶ではありません。

「茶の樹」から作られた狭義のお茶ではないけど、お茶のように煎じて飲むという飲料を「茶外茶ちゃがいちゃ」ということがありますが、この「雪茶」もその茶外茶の1つです。雪茶は、別名「地茶」「太白茶」とも呼ばれ、白い色が特徴の植物です。雲南省からチベット(西蔵)自治区にかけての、1年中、ほとんど雪が融けることのない山岳地帯に、雪に被われて生育しています。古くより、雲南省やチベットの少数民族によって飲まれており、明の時代には、皇帝に献上されていたといわれる貴重な植物。

特に、当店¥中国茶専門店「楼蘭」の雪茶は、当店独自に中国から取り寄せた、まじりっけなしの100%天然雪茶です。毎日の美容を心がけている方や、健康志向の強い方に特におすすめします。

当店の「雪茶」を実際に購入されたお客様の感想をいくつかご紹介しましょう。

毎朝、雪茶を頂いています。品薄になって困っていたところ、楼蘭さんにお世話になりました。他の通信販売で購入した雪茶は“枯れ芝生”のようだったのに、楼蘭さんの雪茶は太く肉厚(?)で風味も良い! 中国茶は大好きでジャスミン茶やプーアール茶なども飲んでいるので、他の中国茶もぜひ試してみたいと思います☆ ありがとうございました!!(宮城県・柿さん、2008年2月)
以前、ダイエットが目的で、宅配で頼んでいたのと味が同じでした。くせのない味なので飲み易いのです。1年かけて10キロダウン。しかし、その会社は廃業されたのです。飲まなくなると、現状維持どころか増えていくのです。混じり気のない100%の雪茶なかなか見つからなくて‥。貴社の商品に出会い、今、うふふ‥ってところです。手放せません。寝る前ホットな時飲むのが効果的なようです。(福岡県・さくらこさん、2008年1月)
見た目から想像していたよりも、おいしくて飲みやすいです。健康にいいということなので、母と飲んでいます。夕食後にいつも飲んでいるのですが、食べた後でもおなかがすっきりします。便通もよくなりました。(愛知県・ニムさん、2008年1月)
私自身年齢を重ねてきて、やや体内コレステロールが気になりはじめてきた。半年前までは脂質の検査で中性脂肪が130だったが今回はなんと190もあった! 今のうちからサラサラ血液にしとかないとと思いこの雪茶の購入にたどり着き、今回は200gを購入した。もともと雪茶は脂肪分解力に優れ、ウーロン茶をはるかに越えた脂肪分解率からダイエットや健康維持のお茶として世界でも稀な健康茶と言われているらしい。更に、腸や血液 肝臓など体内に蓄積された脂肪やコレステロールにも働きかけ 血行サイクルまでよくしてくれるらしい。3ヶ月ほどで結果が出るらしいから続けてみようと思う。
雪茶はマズくて飲みにくいため、はじめから他のお茶とブレンドされたパックが売られているが ホントに高価な雪茶がちゃんと入っているのか心配だし最近のそういった配合された商品は信用できないので私は100%のものしか買わないことにしている。信用できる店選びも大事だ。
(神奈川県・アタタさん、2006年6月)


現在、当店の「雪茶」の在庫が残り少なくなっています。通信販売のご注文はこちらからどうぞ。また、店舗で購入を希望される方は、事前にメールでご連絡をいただけると確実です。
posted by rouran at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楼蘭からのお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35085204

この記事へのトラックバック